ニキビケアを医療機関で行うなら

医療機関でもニキビケアを行っていますが、基本的に健康保険でできる保険適用のものもあれば、そうではない自由診療のものもあります。
まず、ニキビケアで医療機関に行くのなら、クリームや軟膏を使った肌に塗るタイプのケアと、ビタミン剤を内服する形になるようですね。これは肌表面の殺菌や肌の角質層の生まれ変わりを促進するためのものと、肌に必要な栄養素を与えるというものです。どこの皮膚科でも受診することができますが、ある程度気長に効果を期待する必要があるでしょう。また、肌のニキビ跡には効果がありません。ニキビ跡の場合はビタミン剤などの処方になりますが、そこまで効果は期待できないようですね。
一方、保険適用外で自由診療となるニキビケアなら、種類は豊富です。これは美容皮膚科などと呼ばれるところに行って、肌にレーザーを当てて処理をしたり、肌のターンオーバーを促進します。また、ニキビ跡なら肌の炎症を抑えるための処理を行うのです。基本的に医療期間でも最新の医療となり、効果も高くなるのですが、その分比較的金額が高くなります。また、保険適用とはならないので、更に費用がかさむでしょう。ただし効果は期待できますし、自由診療なので病院によって同じ処置でも金額が違うのです。